山元歯科医院

Aesthetic Dentistry審美歯科

審美歯科治療は、単に見た目だけを良くする治療ではありません。
かみ合わせや、お口全体の調和、耐久性なども考慮して、最適な治療法を提案いたします。

  • オールセラミック

    天然の歯と区別がつかないほど、自然な美しさが特徴です。
    茶渋やヤニなどの着色汚れ(ステイン)も付着しづらいため、綺麗な歯を長く維持することができるのもメリットです。
    また、金属を一切使用せず、セラミックのみで製作されているため、金属による歯の変色も起こりません。金属アレルギーでお悩みの患者様にもおすすめします。

  • メタルボンド

    メタルボンドとは、裏側を強固な金属で製作し、外から見える部分にのみセラミック(陶材)を貼り付けたかぶせものです。
    セラミックの美しさと、金属の持つ強度の両方を併せ持っているため、多くの患者様に選ばれている治療法です。
    中の金属に貴金属を使用すれば、金属が溶け出すことによる歯ぐきの変色や、金属アレルギーが起こる可能性を低くすることもできます。

  • ハイブリッドセラミック

    セラミック(陶材)と樹脂系の素材のレジン(プラスチック)を混合させた材料で作られています。
    プラスチックを混ぜているため、多少リーズナブルな価格で提供できますが、透明感・耐久性はオールセラミッククラウンに若干劣ります。

  • ラミネートベニア

    主に前歯に使用されるかぶせものです。
    ラミネートベニアとは、歯の表面をわずかに削り、その削った部分に、つけ爪のような薄いセラミックを貼り合わせる方法です。
    歯を削る量が少なく済み、治療自体も数回の来院で完了しますので、少ない負担で行うことができる治療法です。
    主に、歯の色を白くし、歯と歯の隙間を解消させる目的で行います。
    ホワイトニングでは落とせない歯の変色も、ラミネートベニアで綺麗にすることができます。

  • ゴールド

    「金歯」とよばれるもので、かぶせもの・つめものの両方があります。
    「金合金」や「白金加金」等の貴金属でできています。どうしても金色が目立ってしまうため、見た目の美しさには欠けています。
    しかし、天然歯と近い硬さのため、なじみが良く、噛み合う他の歯を痛めません。耐久性も高いため、奥歯などの噛む力が強い部位に最適です。

  • 硬質レジン前装冠

    前歯のみ保険適用

    主に前歯に使用されるかぶせものです。
    裏側は金属で、外から見える部分にのみレジン(プラスチック)が貼り付けられています。
    前歯のみ保険が適用されるため、治療費が安いというメリットがあります。しかし、裏側の金属が透けて見えてしまったり、時間が経つと変色してしまったりするなど、自費診療の素材と比べると見た目や耐久性は劣ります。

  • コンポジットレジン

    保険適用

    前歯や奥歯に使われるプラスチックのつめものです。
    虫歯を削った部分や、欠けてしまった歯に、白いプラスチックを詰めます。小さい金属の詰め物を白く修復したい、できるだけ費用を抑えたい、短期間で治療したい方におすすめの治療法です。また、金属を使用しないので、金属アレルギーも起きません。
    経年による変色や、強度があまり高くないといった点がデメリットです。

  • 銀歯

    保険適用

    一般的に銀歯と呼ばれる金属のかぶせもの・つめものです。保険が適用されます。
    機能的な問題はなく、金属のため強度は高いです。しかし、金属を使用しているため金属アレルギーが起こる可能性があり、また、経年により金属が溶け出して、歯や歯ぐきが変色してしまう場合もございます。